診断給付金の詳細内容とは

昨今のがん保険において、加入が増えているのが診断給付金です。がんと診断された段階でまとまったお金を受け取ることができるので、そこからの治療費などを立て替えたりする算段が簡単になります。
この給付金の内容としては、再発に対応しているかどうかがひとつのポイントになります。そのオプションを利用するかどうかはまた別の問題ですが、これがあるかどうかで選択肢は大きく変わります。ただし、一般的に再発の場合は2年程度の間が必要となります。それ以前に再発が見付かった場合は、お金を受け取ることができません。
また、診断時のみとするか、治療や入院の費用も対象となるかという違いもあります。治療費や入院費が付いた方が良いのは確かですが、それで診断時の金額が抑えられるのでは考えものです。
がんの完治には何年ものスパンが必要なケースがあります。しかし、実質的な入院日数で考えると、数百万円という額にはならないことが多々あります。それならばはじめに給付される額が100万円増えた方が、結果的には有効に活用できることになります。
保険会社によって、こうした特約事項は違ってきます。掛け金を無駄にすることなく、事前にそれぞれのケースを十分に検討することが大切です。

Comments are closed.