先進医療給付金とは

がんで自由診療を受けた場合には全額自己負担になります。理由としては、まだ公的保険の対象として検討中の治療に該当するからです。公的な保険でカバー出来ない金額を保証するのが、がん保険に加入していると支払われる先進医療給付金です。
特約として加入している保険にとが多くなっています。
保険の契約の前に、どの様な診療が対象になるのか確認をすると良いです。一般的には、被保険者が受けた技術料に対して給付されますが契約内容によって金額に上限が設けられています。
また、国内でこの治療を受けられる医療機関が指定されています。その為、給付金の種類によっては治療のために必要な宿泊費や医療施設までの交通費に使用出来る一時金が出るタイプもあります。
この治療で給付が受けられるのは、がんに限定されいる保険会社が多いです。保険の加入前に、どのような保証内容になっているの十分に確認をすると良いです。
この他のがん保険の給付金の種類としては、がん診断や入院そして手術によるものがあります。契約によっては、療養給付金が支払われるタイプのものもあります。
これらの給付金の特徴は、がんに特化したものだという事です。その他の病気には給付されない特殊な給付金になります。

Comments are closed.