入院給付金の詳細

がん保険の診断給付金は、がんと診断されたときに給付金を受け取れるシステムです。主に入院給付金を主契約とするがん保険にオプションで付けられるもので、がんと診断されたときに一時金が出るようになっています。入院前の準備や仕事を休んでいる間の生活費として使用できます。
一時金の金額や一時金を受け取れる条件などは各保険会社で違います。ただ請求が1度で済むことと、がんの治療に必要なお金が一時金として手に入ることがメリットです。さらに入院するとなると設定された1日当たりの給付金も受け取れます。
診断給付金には最初の1回に限定されているものと、何度も支払いを受けられるものがあります。最初の1回に限定されているものは1度診断を受けて診断給付金を貰うと、転移や再発が起こったときにはもう貰えません。何度も支払いを受けられるものは、再発や転移でも診断給付金を受け取れます。
ただしそれにも一定の条件があり、多くは以前診断されたときから2年以上経過している必要があります。2年以内にがんと診断された場合でも、以前に診断したがんと全く関連性のないがんであれば受け取れるものもあります。がん保険で診断給付金を重視するなら、診断給付金を受け取れる条件をよく確認しておかなくてはなりません。

Comments are closed.