緩和ケア給付金とは

がん保険の中には、緩和ケア給付金というものが付加されている商品があります。あまり聞きなれないという人もいるでしょうが、これから増えていく給付金システムだと予測することができるのです。
緩和ケアというのは、がん治療で改善が見込めなくなった際の、痛みの緩和・メンタルサポートなどを意味しています。がん患者の体と心、両方の痛みを和らげていき、生活やその人らしさを大切にしようという考え方が根底にあります。
治療が困難となり、在宅で療養したいという人が対象となる給付金システムとなっています。支払われる条件などは保険会社毎に異なりますし、この給付システムの有無も会社によって違います。まずは確認が必要ですが、一般的な給付金の特徴について説明しておきます。
がんが直接の原因で、余命6ヶ月以内と医師に判断された時、支給されるシステムが多いです。おりる保険金は保障内容によりけりですが、末期医療を受けることになるため、給付期間は長い場合が多いです。入院給付金の日額の半分を、約6ヶ月分もらえることもあります。
保険給付金を請求する場合には、必要書類が色々あります。在宅緩和ケア証明書が必要になる場合が多く、医師の診断書を提出することになります。

Comments are closed.