がんで自由診療を受けた場合について

自由診療というのは何の事かご存知でしょうか?これは、健康保険や先進医療などとも性質の異なるもので、医療費はかかった費用分は全て自己負担となります。
殆どの方が、健康保険に入っていものです。健康保険は、診察や検査、治療などの医療を受けた際に、全額自己負担となるのではなく、国から一定の保険金が支給がされるため、全体の医療費の何割か分を自己負担する事となります。全額負担だととても高額で支払えないものでも、健康保険が適応されれば、全額というわけではないので、支払う事ができるのです。特にがんなどの重大な病気にかかった時は、特にこのような保険の有難みを感じるものです。
しかし、保険が適応できないものもあります。例えば先進医療を受けた時です。先進医療は、がんに使われる事が多医者で、最新の医療技術を駆使したものが使われます。これは、国からまだ未承認であるため、この先進医療を使っての治療や手術などは、国が負担してくれる保険支給額には含まれないのです。そのため、このような先進医療を受ける時には、個人の自由な診療と見なされ、全額を自己負担しなければならないのです。これはちょっと、患者さんにとっても不便なものなので、これをきちんと抑えておかなければ、事前に確認しておく必要があります。

Comments are closed.