がん保険の給付金の種類について

生命保険の中には、がん保険という種類があります。単独の商品としても販売されていますし、総合保険の中に特約として付加されているケースもあります。給付金には色々な種類があるので、どんなものがあるのか紹介していきます。
最も一般的なものとして、入院した際に給付されるものがあります。がんで入院した場合、一日当たりいくらと決められた給付を受けられる保険です。
多くの生命保険会社が取り扱っている商品で、数が多いものです。保険期間や保険料払込期間などを選択できるのが一般的で、自分に合ったプランを見つけやすい保険と言えます。
診断給付金型と呼ばれている保険もあります。入院・手術した際の給付が全くないタイプの保険です。医師からがんと診断された場合のみ、一時金をもらえる仕組みとなっています。
給付される金額は高めに設定されているものが多いです。入院給付型の保険とは異なり、診断に特化した保険となっています。
以上が主な保険となっています。この他、数は少ないものの、収入保障型という保険もあります。
仕事ができない間の収入を補償してくれる保険で、毎月一定額の給付を受けることができます。年金のような形で、保険期間満了までの間保険金を受け取ることができる保険です。